江東ブランドとは時代の激しい動きの中で、優れた製品(部品含む)・技術により革新的に事業展開の道を切り開いている企業を江東ブランドとして認定し、さまざまなPR活動を通じて、直接の取引先のみならず一般の消費者やバイヤー等にも広く認知してもらうとともに、企業と江東区がともにイメージアップを図ることを目的としています。

独自のリビルド技術、真似の出来ないクイックデリバリー、
SASGAのブレーキ部品。

同社の主業務はブレーキ部品の「リビルド」である。「リビルド」とは、使用品を新品同様に作り変えることで、使用品の受け入れから
「分解、清掃、研磨、張替え、塗装」といったその部品に応じた加工を施す。 同社のリビルドによるブレーキ部品は、純正と同レベルの品質・機能を実現しかつ純正に比べてはるかに安価なため、
純正部品に対抗して順調に市場拡大を果たしてきた。
既に業界でも、同業者からは「独自のやり方の中山」、顧客(4千件の整備工場)からは「クイックデリバリーの中山」といった高い評価を得ている。
特に4千件の都内整備工場に、いかに素早く納品できるか(クイックデリバリー)については、
1時間以内に届けるシステムを確率し他社の追随を許さない。また、リビルド技術の要の一つとなる研磨技術が大活躍している。
この研磨機は、太平洋戦争時代にスクリューの研磨技術のノウハウを保有している技術者(現在90歳近い)が作り上げた伝説的な機会で、
他社には絶対に真似の出来ない技術である。顧客かたの「さすが中山さん」の声を自社ブランド“SASGA”に転じて、
今日も中山の出前配送車が都内をかけまわる。